一橋大学のギンナンもうれつな匂いを放ち始める季節となりました。

この季節のビッグイベントといえば、

第54回天下市!

国立の大学通りに延べ30万人(国立市の人口は7.6万人)が集まるといわれる、国立市最大級のお祭りイベントです!

2019年の開催日程はこちら↓(引用元:天下市公式パンフレット)2019年の国立「天下市」は、11月2日(土)13日(日)4日(月)の3日間。

時間は10:00〜18:00(最終日は17:00まで)

今年は3連休とバッチリ重なってます。

開催前日の様子↓
国立駅南口のロータリーには天下市のバナーが掲げられています。

出店のテントが並ぶ場所でも準備がはじまっていました↓

また、11月4日はこちら↓
「くにたち秋の市民まつり」も同時開催され、

大学通りが、

車両通行止めになって歩行者天国に!(9:30〜16:00)

くにたち「天下市」の去年の様子

「天下市」の去年の様子はこんな感じ↓大学通りの歩道は出店がみっちりと並び、人でごった返しています。

すごい人出です↓

くにニャンと謎の細身パンダ↓

歩行者天国はこんな感じ↓
まっすぐな道路を歩くと気持ちがいいです。

2019年開催、第54回「天下市」の公式パンフレットひろい読み

当日、天下市本部で配布される予定のパンフレットをゲットしましたので、重要ポイントをピックアップしてご紹介します。

こちら、イベント案内
11月2日(土)10時〜17時は、一橋大学東門前イベントブースにて「くにたちStyle認定商品の展示販売」です。お店に行かずとも国立のナイスな商品をゲットできます。

同じく11月2日(土)10時〜17時、イベントブースにて「くにニャン焼き」の販売

11月2日(土)〜4日(月)の3日間、イベントブースには巨大なペンギンの中に入ってビヨンビヨンして遊べる「ふわふわエア〜」が登場。3歳から小学6年生まで入れるようです(2日に限り一橋大学南門前)。

また11月2日(土)〜4日(月)の3日間、天下市で買い物するともらえる応募券をもって、一橋大学正門前の天下市本部テントへ行き応募すると、千葉某テーマパークのパスポートが当たるとのこと。

当たると本部から電話がかかってくるそうです。斬新!

右下にこっそり書いてあるのが「部員紹介ポスター展」

天下市を運営する国立商工会青年部メンバー(毎年お疲れ様です!)の、選挙ポスター風のポスターが展示されています。

去年の様子↓

馴染みのお店の店長さんもきっと載ってるハズ!イジってあげるときっと喜ぶと思います。

こちらもイベントブース前です。

こちらは出店マップその1↓
スマホなどで字が小さくて見にくい場合は画面をピンチしてください。

その2↓

(おまけ)ニッポー設備さんの広告が出てました↓
押し固めた木くずが燃料のペレットストーブが、工事費込みで429,000円よりさらにお安く!しかも税込!2〜3台いかがでしょうか?

というわけで、明日11月2日の10時から始まる第54回天下市、楽しみです!

国立駅周辺のコインパーキングは北口側も含めてもれなく満車になりますので、公共交通機関で来られることをオススメします。

●関連リンク
天下市公式サイト
くにたち秋の市民まつり公式サイト