6月も2週目に突入し、梅雨入り☔️も目前!

ということで、今回は、梅雨入り前に気になるクセ毛をなおしちゃおう!

と、プライベートヘアサロン『くにたち木之花(このはな)』で縮毛矯正をしてきた様子をご紹介します。

『くにたち木之花(このはな)』で縮毛矯正!気になる生え際のクセはこんな感じ

今回、縮毛矯正に挑戦するのは、こちらのK子さん↓
ちょいとシャイなK子さん、まさかの後ろ姿からの登場です😊

K子さんは生え際のクセが気になるみたい↓
少しうねっています。

え!?

あんまり、気にならないけど……。

というアナタ!

気になるんです!

本人にとっては、とーっても憂鬱になるんです。

梅雨の季節は特に。

ここらへんとか↓
うねってウェイビーになっています。

ここのあたりも、クセ毛で立ってしまっています↓
雨が降ったり、湿気が多かったりすると、ここからモアッと髪がふくらみ、ボンバーになるんです……。

クセっ毛のアナタならきっと分かるハズ……↓

『くにたち木之花』の縮毛矯正は、根元のみ施術することも可能と聞き、さっそく試してみることに。

今回も施術してくれるのはこちら↓
プライベートヘアサロン『くにたち木之花(このはな)』のオーナーでスタイリストの吉田さん

『くにたち木之花(このはな)』で部分的に縮毛矯正をしてみた

ポーズが決まったところで、
レッツ縮毛矯正!

今回は、K子さんが特に気になっている顔まわりを部分的に縮毛矯正していきます。

このあたりを中心に施術開始↓

縮毛矯正するエリアを、ブロッキングしていきます↓
ブロッキングとは、ダッカール (髪を留めるピンのこと)で髪を束ねていくことらしいです。

ダッカールって言うんですね!知らなかった!

アヒルのくちばしに似ているので、もともとは「duck curl」と呼ばれていたのが名前の由来だそう。

あ……話がそれましたね、失礼しました😌

気を取り直して、施術に戻りたいと思います!

顔まわりの髪の毛を細かく留めていきます↓
ダッカールで。

言いたかっただけです、覚えたてなので嬉しくて😚

ちなみに、このダッカール、湾曲しているので頭の形にフィットして、非常に安定した固定感があります!

プロっぽい〜!

う……またまた脱線してきましたね。

本題に戻り、施術の続きにまいります。

クセを取り除く1液を根元から3〜4cmほど塗っていきます↓
毛先は適度なクセがあった方が、自然な流れになるので根元のみ縮毛矯正するのがオススメだそうです。

右、左、上と3パート位に分けて、ハケと櫛の両方を使って広範囲にならないように、ピンポイントで液を塗っていきます。

謎のポーズも決まったところで、ラップを頭に巻いて少し時間を置きます↓
ラップを巻く理由がわからず、施術の際に毎回地味ィ〜な気恥ずかしさを感じていたので、思い切ってラップを巻く理由を聞いて👂みました。

頭皮の熱を利用してこもらせることで、熱が逃げなくなり、その熱で薬が髪にうまく作用していくのだそうです。

ガッテン!

ならば、ラップも喜んでグルングルン巻きますとも!

7分くらい置たら、髪をチェ〜ック🤟↓
伸びる感じがあるので、OK👌

1液を洗い流していきます↓

やさしくタオルドライした後、
顔まわりの髪の毛をしっかりと乾かしていきます。

クセを見逃さないように、
細かくアイロンをかけていきます。

こんな数本ずつ、アイロンをかけていくなんて!

とっても繊細な作業なんですね〜。

こめかみ付近はポイントとなる大事な部分なので、
立ち位置も変えつつ、頭の丸みに沿って丁寧に伸ばしていきます。

「こめかみは、テンプル(temple)って言うんですよ!」

と、吉田さんが教えてくれました。勉強になります!

お寺とこめかみが一緒だなんて、新鮮なオドロキですっ😲

さらにさらに、前髪は生え具合を見極めつつ髪が行きたがっている方向に伸ばします↓
ここでもダッカールがいい仕事していて、

いいね👍

この辺りが、
プカプカしなくなったら次の工程へ。

つづいて、2液をつけていきます↓

まっすぐにした髪の状態を、再結合すべく2液をしっかりと塗布します↓

2液を塗り終えたら、
ここからが、吉田さんのすんごいところ!

2液が浸透するまでの待ち時間の間に、

それ以外のパーツにサプリトリートメントを施していきます↓
ヒジョーに合理的!

一度縮毛矯正をかけると、かけた部分は半永久的にかかったままなのだそうです。ゆえに、顔まわりの縮毛矯正した部分が徐々に伸びてくると、髪が痛んできてしまうみたい。

そんな髪もケアしちゃおう!と言うわけで、

栄養補給も同時にしています↓
やさしく丁寧に揉み込み、

しっかり染み込ませていきます↓

そして2つ目の、
液状ヒミツのトリートメント。クリーム状のトリートメントと、液状のトリートメントでは栄養成分が違うそう。

木之花のトリートメントの事が詳しく載ってる記事はこちら

種類の違う栄養素を、しっかり補給したのち、

5分置いて流します↓

さらには3つ目のトリートメントもたっぷり補給↓

洗い流したら↓

毛先を少しカット↓
縮毛矯正で髪の毛の根元が伸びているので、長さを整えるとよりまとまり感ある仕上がりになるとのこと。

長さが揃ったら、
ドライヤーで乾かしていきます。

根元もしっかりと乾かします↓

髪の毛のぽっこりした感じがなくなって↓

まっすぐに↓

気になる根元は、
こんな感じに伸びました。

生え際も、
自然に下におりています。

こめかみの部分も、
サランサランに!

これで、嫌〜な梅雨の季節も、
顔まわり朝セットしたのに、外に出たらチリチリになる〜😭

という悩みも一気に解決!

ラクに、超カンタンに長持ちさせてくれて、

いいね👍

『くにたち木之花(このはな)』の場所はコチラ

『くにたち木之花(このはな)』の店頭はコチラ↓

ピンクと白の、この看板が目印です↓

『くにたち木之花(このはな)』の場所はコチラ↓
『くにたち木之花(このはな)』はさくら通りぞいにあります。矢川液の北口を出て、矢川通りを北に進み、国立二中前の信号を右折し、100mほど行くと左手側に見えてきます。

反対側↓
こっちへまっすぐ行くと、矢川通りにぶつかります。

地図だとこちら↓


住所は、国立市富士見台3-25-18 櫻アベニュー1Fです。

『くにたち木之花(このはな)』のメニューはコチラ

今回がトライしたのはこちら↓

「パーツ矯正+カット+サプリトリートメント」 12,800円税込

顔まわり・えりあし・はち上などの、クセやボリュームが気になるパーツをタイトに、もしくはボリュームを表現することができます。

今回の記事は1箇所だけでしたが、もう少し広い範囲に掛けることも可能。たとえば頭皮の1/2ほど矯正を掛けるとしたら、「ハーフ矯正+カット」10,900円となります。

詳しくはお店までお問い合わせください!

サプリトリートメントで髪へのダメージは最小限に留めて、短時間でシルエット全体を綺麗に見せる。髪に一体感が出るため、小顔見せの効果もあり日々のお手入れもより楽に済ますことができますよ!

詳しくはこちらの公式サイトにも載っています↓

くにたち木之花公式サイト

ご予約はこちらからどうぞ↓
042-505-7342

くにたち木之花(このはな)
●ジャンル
美容室
●営業時間
[平日] 9:30~19:00
[土] 9:00~19:00
[日・祝] 9:00~18:00
●定休日
毎週火曜
第2・3月曜(祝日の場合は営業、翌水曜が振替休)
●電話番号
042-505-7342
※お問い合わせの際は「いいね!国立」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市富士見台3丁目25-18 櫻アベニュー1F
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
国立富士見台のほかの記事
やってみたの他の記事
『くにたち木之花』のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

いーくに広告のお問い合わせはこちら

この記事は、ご覧のいーくにパートナーの提供でお送りしております。

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

『いいね!国立』を応援してくださるパートナーを募集しています。