2018年の12月に、『さえき 富士見通り店』スーパーリニューアルして『La SaCuLa(ラ サクラ)』になったのは以前にお伝えしました。

今回は、「女性に優しい」をコンセプトに次世代型マーケットに生まれ変わったとウワサの『La SaCuLa(ラ サクラ)』のイートインスペースを利用してきました!

場所はこちら↓
国立駅から富士見通りを10分ほど歩いたところ。

反対側↓まっすぐ行くと、レストランの『中一素食店』や『ザ・ビレッジ』があります。

地図ではココ↓

イートインスペース↓
入り口を入って、左に進むと、イートインスペース。

スッキリ、広々としていてテレビつき。テレビの音声がオフになっているところがステキです!

カウンター席と、テーブル席、合わせて37席。かなり、ゆったりとしたつくりです。

カウンター席には電源

Wi-Fiもあります↓

お水、レモン水、ポットなどのサービス。写真を取った時はレモン水補充中でした。
これらは21:30分まで利用できます。

おしぼりや、取り皿、タバスコなど、女性への優しさがあふれています!

ソフトドリンクメニュー↓
コーヒーも、ジュースも150円税別

注)紅茶はないようです

スナックと書いてありますが、スナックメニューは見当たりませんでした。

アルコールドリンクのメニュー(15時以降販売)
グラスワインは、イタリア産と山梨産の赤と白があり、どちらも500円税別

ビールはありません。

リニューアル当初は生ビールも提供していましたが、メニューからなくなっていました。

アパタイザーズ、と書いてありますが、アパタイザーメニューもない様子。

いくつか惣菜を購入してみました↓
いーくに編集部、アラフォーチーム改めそろそろアラフィフチームのチョイスは、タンパク質と野菜中心。

これだけ買って、1,300円ほどでした。

やっすっ!!!

白ワインもゲット↓
キンキンに冷えていて、夏の午後にはピッタリどす。なぜか、京都弁で伝えたい気分になりました。

スーパーのイートインスペースでワインが飲めるなんて、

すぱらしいです!!!

『La SaCuLa(ラ サクラ)』にはパン屋もありますので、ピザとワイン、なんて組み合わせも可能です。

惣菜コーナーにはスープバーがありましたが、リニュアール時に見かけたサラダバーはなくなっていました。

会計は中央にあるレジで全てを済ませる方式で、初めて利用する方は、ちょっぴりドギマギするかもしれないです。

利用してみた感想は、

国立市中にあるスーパーは、
イートインスペースが充実しまくり!

スーパーさえきは、国立市を中心に都内や埼玉、茨城などに合計18店舗ありますが、店名がアルファベットなのは『La SaCuLa(ラ サクラ)』のみです。

La SaCuLa(ラ サクラ)
●ジャンル
新世代型カフェ&マルシェ
●営業時間
8:00~22:00
●定休日
調査中
●席数
イートイン37席
●禁煙・喫煙
完全禁煙
●電話番号
042-571-2244
※お問い合わせの際は「いいね!国立」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市中1-19-10
●関連リンク
お店のホームページ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
国立中のほかの記事

■■情報提供お待ちしてます■■

Facebookページはこちら