いーくに編集部が、自分で食べたり飲んだりしたお店を紹介するコーナー、
【国立グルメ】

今回、

マツ@いーくにが食べたのは、9月8日に国立駅南口にオープンした『博多長浜ラーメン 風び』の、

「豚骨らーめん」「梅塩らーめん」です。

『哲麺 国立店』が閉店してから国立で博多とんこつラーメンが食べられるお店はなかったため、博多とんこつファンにとっては待望のオープンなのではないでしょうか。

『博多長浜ラーメン 風び』はこちら↓
『博多長浜ラーメン 風び』のオープンについては以前も記事にしています。

場所はこちら↓
国立駅南口に出て、旭通りをまっすぐ4分ほど進むと、右手側に見えてきます。『大衆酒場しんさく』の隣の隣のビルの1階です。

反対側↓
まっすぐ行くと、国立駅南口のロータリーに突き当たります。『博多長浜ラーメン 風び』の真向かいには、『横浜家系ラーメン国立大和家』があります。

地図はこちら↓


住所は、国立市東1-15-32です。

店前にあるメニュー看板↓
麺は自家製です。

店に入ってスグ右側に、券売機↓
「豚骨らーめん」、「梅塩らーめん」、「黒風らーめん」、「赤風らーめん」などのメニューが並びます。

トッピングを味玉にしようか、チャーシューにしようか迷っていると、

こんなのを発見↓
350円で、好みのトッピングが3種選べる食券!

さっそく発券しちゃいます〜。

「チャーシュー」と「チャーシュー」、「チャーシュー」の3種をオーダーできるのかどうかはわからないです。今度聞いてみます!

もし可能ですと、350円で、900円分のチャーシューがトッピングされるわけですから、カナリお得!

店内の様子↓
白を基調とした明るい店内には、カウンターが向かい合って設置されています。店の奥にも、4席ほどのカウンターがありました。

卓上には↓
ラーメンダレ、すりごまなどが置いてあります。

いただいたのはこちら↓
「豚骨らーめん」750円税込 「味玉」「チャーシュー」「のり」トッピング350円税込

「味玉」120円+「チャーシュー」300円+「のり」120円540円なので、

単品トッピングで頼むより、

190円もお得になりました!......細かすぎ。

っていうか、のりデカッ!!!

ラーメンどアップ↓
トッピングは、そそり立つ全型(タテ21cm×ヨコ19cm)の海苔、青ネギ、細切りキクラゲ、味玉、チャーシューです。

スープのアップ↓

麺リフト↓
これがウワサの、自家製細麺!

チャーシューリフト↓
やわらかく煮た、ほんのり甘い味付けの豚バラです。

食べてみた感想ですが、

スープは濃厚な豚骨の味わい。豚骨臭はほとんどなく、とろりとしているのに、なぜかさっぱりとしていて食べやすい。

豚骨から出る旨味を、ひしひしと感じます。

麺は自家製のストレートな細麺。

茹で方は「ふつう」でお願いしましたところ、硬めな茹で方でしっかりとした歯ごたえが感じられました。

スープとの相性は抜群です!

ここで薬味を投入↓
辛子高菜と紅生姜、

ゴマを加えていただきました↓

つづいていただいたのはこちら↓
「梅塩らーめん」820円税込

こちらも、トッピング3種のせです!

っていうか、のりデカッ!!!(2回目)

ラーメン、より↓

麺リフト↓
平麺で、もちもちとした食感。

スープ↓
美しく透き通っています。

非常にやさしい味の塩ラーメン。トッピングには、とろろ昆布やワカメ、梅干しが入っていて、後味すっきりとしたスープに、甘め梅干しの酸味がよく合います。

こりゃあいい塩梅(あんばい)だわぁ〜。

食べおわったあとは、

「今度はチャーシュー丼も食べてみよ〜う。」

「チャーシューと焼き豚の違いって何だっけ?」

などど考えながら、仕事に戻りました。

博多長浜ラーメン 風び 国立店
●ジャンル
ラーメン店
●営業時間
11:00~23:00(LO 22:30)
●定休日
なし
●席数
16席
●禁煙・喫煙
完全禁煙
●電話番号
042-505-7703
※お問い合わせの際は「いいね!国立」を見たとぜひぜひお伝えください!!
●所在地
東京都国立市東1-15-32-1F
●関連リンク
お店のホームページ / 食べログ

※この情報は記事公開時点のものです。

●関連リンク
国立グルメのほかの記事
国立東のほかの記事


■■■求ム!情報提供■■■

取材のご依頼はこちら

お店の情報発信で悩んでいる経営者の方へ